Home > べたろぐ。 > 2009-06

2009-06

iMac G5 20-inch と MacBook Pro 13-inch のベンチマーク比較

MacBook Pro 13 インチが届いてから 4 日。ようやく以前使用していた iMac G5 20 インチからのデータと環境の移行が終わり、iMac G5 の初期化も完了。一段落ついたのでベンチマーク比較なんぞをしてみました。ベンチマークテストには CINEBENCH R10 を使用しました。

CINEBENCH R10 での比較
iMac G5 20-inch
(ALS)
MacBook Pro 13-inch
(Mid 2009)
Processor PowerPC G5 Core 2 Duo
MHz 2000 2260
Number of CPUs 1 2
Graphics Card ATI Radeon 9600 NVIDIA GeForce 9400M
Rendering (Single CPU) 913 2589
Rendering (Multiple CPU) - 4942
Shading (OpenGL Standard) 1152 4650

CPU の処理能力は 5.4 倍速い

CINEBENCH が PowerPC G5 のベロシティエンジンを活用してるか不明なのでハッキリ言えないけど、シングルコアでの比較でも PowerPC G5 2GHz より Core 2 Duo 2.26GHz の方が 2.8 倍速い結果に。

グラフィック性能は 4 倍速い

iMac G5 のグラフィックカードは独立した ATI Radeon 9600 で VRAM は BTO して128MB、対して MacBook Pro はオンボードの NVIDIA GeForce 9400M で VRAM はメインメモリと共用の 256MB となっている。オンボードの GPU でも早くなったもんだなあ。

今回のベンチマーク作業を通して

まず、iMac の方は温度が 80 度以上にならないように処理能力を自動で抑えたりしてると思うので単純な CPU 同士の比較にはならないと思います。MacBook Pro の方はアルミ筐体なので底面に空気の通り道を作ってやるだけでも自然放熱でそれなりの冷却効果があるみたい。筐体はけっこうな高温になるので膝の上に置いてたりすると低温火傷になるかも?これから暑い季節に突入するので熱対策が気になるところです。

今回の結果を見ると MacBook Pro を買って本当に良かったと思えました。数字を見るまでもなく体感的にも全然違うんですけどね。買った MacBook Pro とクロック周波数がほぼ同等の Core 2 Duo 2.2GHz の WindowsXP マシンもありますが、WindowsXP って Explorer を開く時とか妙なタイミングでやたらモタモタしますけど Mac の場合はそんなこともなくほんとにサクサクです。素敵素敵。

てな感じでした。

MacBook Pro 13インチ用のアクセサリ色々レビュー

MacBook Pro 13 インチ用の液晶保護シート、キーボードカバー、スタンドなどのアクセサリを購入してみたので使用感を述べてみる。

スタンドは Targus のポーディウム・クールパッド

廃熱用のファンなどは搭載されておらず、傾斜をつけて PC の底面に空気の通り道を作ってやるだけのシンプルなスタンド。傾斜の角度はブロックみたいのを積み重ねたりして変えることができる。回転もするので隣で画面を覗き込んでる人にちゃんと見せたい時なんか便利。不満は見た目よりちょっと重いってことくらい。でも、他に不満もなくおおむね満足。白いのもあります。

液晶保護シートは Micro Solution の CRYSTAL VIEW III AR

MacBook Pro はテカテカ光沢液晶なので画面に自分の顔が映りこんで残念な思いをする。なので、アンチグレアタイプと悩みましたがあえて低反射タイプを選択してみました。装着する時は液晶の上辺から貼ってくと気泡が入りにくいし場所も合わせやすいと思う。作業時間は 15 分くらいかな?きれいに貼れました。装着してみても見た目に違和感はなく、アンチグレアタイプのようなにじみも全く感じない。でも、映りこみはある。映り込んだものの色身が変わる程度で、何も貼らないよりはマシかなって感じ。汚れてきたらアンチグレアに張り替えようかなと思ってます。Micro Solution の液晶保護シートを選ぶのであれば CRYSTAL VIEW 各種の映り込み状態の比較を参考にして選ぶとよいかもしれません。

しばらく使ってみて、やはり映り込みが気になる。映り込みがいやだあって人は素直にアンチグレアを選んだ方がいいと思います。映り込みを許容できて画質を落としたくないとか液晶保護が目的であれば低反射タイプがいいと思います。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

キーボードカバーは Micro Solution の PURE WRAP KEY #03

このカバーは Apple Keyboard でも使っていてすごい気に入ってる。ペラペラのシートなんだけど手触りもいいし、各キーに形を合わせているカバーと違ってキーを打つ時にも違和感を全く感じない。むしろキートップが柔らかい感触になって、着けていない時よりも打ちやすいかもしれない。Apple Keyboard では半透明タイプを使っているけども MacBook Pro 用には透明タイプを選択してみました。MacBook Pro は暗いとこではキートップが光るので半透明より透明な方がかっこいいかも。このシートについては何も文句がない。お気に入り。

液晶を閉じた時、キーボードカバーの汚れが液晶についてしまう。まあ、これはしょうがないとも言えるけど。

カテゴリ:


トラックパッドの保護シートも Micro Solution で

指がつっかかるかなとも思ったけど、思ったよりサラサラしてる。装着後の見た目も違和感なし。汚れ防止にいいと思う。

MacBook Pro 13 インチをしばらく使ってみて

iMac G5 と比較すれば MacBook Pro 13 インチはかなり快適。Mac OS X ってこんなにもサクサク動くもんなんだねえと感動する。ま、そのうちすぐこの快適さにも慣れちゃうんだろうけど。使ってて気になったのはけっこうな熱を発するということ。80 度を超える時もある。壊れちゃわないかなあと心配になってしまう。しばらく手をおいていると軽く汗ばんできて手を置いていたところが汚れてしまうし、ここも何か貼らないといけないかなあ?でもせっかくの放熱性に優れたアルミ筐体なのに何かを貼ってしまうと放熱の問題もありそうで悩みどころです。

ちなみに、Mac の温度とか CPU 使用率なんかのシステム状況をモニタリングするにはメニューバーに常に表示しておける MenuMetersiStat menus を組み合わせて使うのが便利。

20090624_menubar

MacBook Pro 13 インチ到着、そして HDD 換装

新しい MacBook Pro が届きました。13 インチ。

発端は「そろそろ iMac G5 の発熱問題がやばいな」

iMac G5 はどうやら CPU 温度が 80 度、或いは HDD の温度が 65 度を越えそうになると自動的にスリープするみたい。熱で機械が壊れちゃうのを防止する目的なのでしょうね。それが最近、iMac G5 の発熱がものすごくて、すぐに CPU の温度が 80 度まで上がって頻繁にスリープ状態に陥る感じでした。排気がうまくいってないのかなあ?発熱するのはしょうがないとしても全然冷えてくれない。これから気温も暖かくなっていくし、iMac G5 もそろそろヤバイなあとか思っていたところに新 MacBook Pro の発表があって、勢いでポチッとしちゃった。

「待ってました」な MacBook Pro 13-inch

構成としては下位モデルの 2.26 GHz を選択し、メモリーを 4 GB にしました。HDD は自分で換装した方が金銭的に安く済むと思ったのでそのまま。SD カードスロットは使う機会があるかどうかわからないけど FireWire ポートの復活が何よりも嬉しい。以前所有していた PowerBook G4 17 インチに比べたら持ち運ぶのもかなり楽。家では外部ディスプレイにつなげば 13 インチという狭い表示領域もカバーできる。もう迷うことなくお買い上げな感じでした。メモリーをカスタマイズしたので上海からの発送になったようです。注文成立してから届くまでに 6 日かかりました。その間ずっと待ち遠しかったぜ。

開封、そして HDD 換装

20090620150133

Mac の箱を開ける時って魔法にでもかかったかのようにワクワクドキドキする。リンゴマークが姿を現すと感動すら覚える。箱もエコに配慮されていて無駄なくしっかりデザインされている。

MacBook Pro を箱から取り出して開くこともなくそのまま裏返して HDD 換装作業に取りかかる。交換方法については図解入りでマニュアルにちゃんと書いてある。あと、作業には75 mm のプラスドライバーと T6 サイズのトルクスドライバーが必要です。ちゃんとネジ山が合うドライバーを使うこと。

HDD 交換も終わりいよいよ MacBook Pro を開く。LED バックライトの液晶だからか、開いた直後から画面が明るい。そして「ようこそ」のムービー。

という感じでした。

  • 20090620160737
  • 20090620165853

ベッセル(VESSEL) マイクロドライバー No.9900 +00×75

ベッセル(VESSEL) マイクロドライバー No.9900 +00×75

Amazon価格:¥ 213

カテゴリ:Tools & Hardware



Apple MacBook Pro 2.26GHz 13.3インチ MB990J/A

Apple MacBook Pro 2.26GHz 13.3インチ MB990J/A

中古価格: ¥ 45,800 より

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2009-06-10



カテゴリ:


まいいつとペルソナ 4 と物欲と

PS3 のまいいつがなにげに面白い。無料だし、ハードディスク内にソフトを入れておけるし、他のゲームのディスクを入れる前についつい立ち上げてしまう。まいにち右脳ランキングとまいにち右脳バトルとまいにちピクチャーしりとりでこつこつと右脳を鍛えてます。

そして、今更ながらペルソナ 4 をやってみたりしてます。イベントが多くてやれることが盛りだくさん。面白い。BGM もかなり良くて知らないうちに口ずさんでたりします。

そしてそして、なにやら注文してしまったらしいです。今週末辺りには届くかなあ。

と、そんなこんなの近況報告でした。

ペルソナ4

ペルソナ4

定価:¥ 7,538

Amazon価格:¥ 7,498

カテゴリ:Video Game

発売日:2008-07-10


PS3 のハードディスク換装で ST9500325AS を載せる場合の注意?

先日、PS3 のハードディスクを換装したんですが、最初っから搭載されていたのが Seagate の HDD だったので交換用にも Seagate の ST9500325AS を用意して載せ替えました。載せ替えてからだいたい 10 日ほど経つんですが今までに 2 度ほど「起動できません。正しいハードディスクが見つかりませんでした。」というエラーに遭遇しました。そんなこんなで試行錯誤してみました。

もしや発熱か?

20090602075729

初代 PS3 なのでまず疑うべきは発熱の問題かと思い、PS3 本体の下に熱がこもらないようにホームセンターでそれらしいものを購入。PS3 の下に空間を作ってやりました。

でも待てよ、相性とかあるんじゃねーの

PS3 の下に空間を作ってやってからはとりあえず平気なんですけど、PS3 と HDD の相性もあったりするのかと気になって検索してみたら PS3でST9500325ASが認識しないときは・・・という記事を発見。

うちの PS3 に最初から搭載されていた HDD は ST96812AS で、調べてみると転送速度は案の定 1.5Gbps。入れ換えた ST9500325AS は 3Gbps なので PS3でST9500325ASが認識しないときは・・・の記事のように 1.5Gbps でリミッターをかけてやれば安定するのかも知れないので念のためやってみることにしました。何かあってからじゃ遅いですからね。念には念を。

部屋に転がっていた 3.5 インチのハードディスクのジャンパーをつけてみようとするも大きさが合わない。当たり前か。ということでパソコン工房まで走る。お店に到着しジャンパーを探していて気づいたんですが、肝心のジャンパーピンの大きさを調べてくるのを忘れた。馬鹿馬鹿。家に戻るのもなんなので店員さんに相談してみたら「試しにこれを使ってみて下さい」と、余ってたらしいジャンパーをタダでくれました。「うまくいくといいですね」という優しい言葉まで頂いてウキウキ気分で帰宅。家に帰って早速つけてみたらバッチリ動作しました。ジャンパー装着済みの HDD を持って再びパソコン工房のさっきの店員さんの所へ走り、感謝の気持ちを伝えて帰ってきました。パソコン工房の店員さん親切やわあ。

とりあえずそんな感じで終了。

Home > べたろぐ。 > 2009-06

最近のコメント
Search
Feeds
Meta

Return to page top