Home > べたろぐ。 > タグ > SEO

タグ: SEO

検索ロボット用 XML サイトマップを手軽に作成

サイトマップと言っても閲覧者が見る方のではなく Google とか Yahoo! などの検索ロボット用の XML サイトマップ。それをオンラインで手軽に作れる。

英語のサービスなんですが、Starting URL んとこにサイトの URL を入力して Start ボタンを押し、あとはひたすら待つ。

XML サイトマップと同時に HTML 版のサイトマップや URL リストも作成してくれる。お手軽便利。ただし、HTML 版サイトマップはなぜか文字コードがおかしく指定されているので、もしもそれを使うなら文字コードを UTF-8 に書き換え OR 切り替えしてやる必要がある。閲覧者向けサイトマップはローカルで動くツールを使って作った方がいいかもですね。

で、まあ、出来上がった sitemap.xml はてきとうなとこにアップロードしてやって Google ウェブマスターツールとかで指定してやる。robots.txt にも下記のように記述してやるといいみたい。

robots.txt の記述
Sitemap: http://hoge/sitemap.xml

いやあ、Google ウェブマスターツールはインデックスされてるページとかエラーが出てる箇所とかわかるから便利っすね。

参考リソース

404 not found – error.cgi

とりあえずエラーページを用意してみました。いわゆる 404 Not Found とかいうアレです。

なぜって?ディレクトリ内の丸見えを防ぎたかったんです

使っているサーバはさくらインターネットのレンタルサーバ スタンダードプランで、さくらは .htaccess で設定をいぢることはできるんですが、Options が使えない。なのでインデックスファイルが存在しないディレクトリを開いた時に中身が丸見えになるのを防ぐには、Options を使わずに違うアプローチが必要になる。公式サポートのひみつのフォルダにあるファイルの一覧を見られないようにしたいというページでは DirectoryIndex を使ってインデックスファイルの設定の最後にエラーページを指定して、インデックスファイルが存在しない場合はエラーページに飛ばす方法が書かれていました。まあ、この方法を使うことにしたわけですが、ただエラーページを用意しただけじゃつまらないので色々と細工をしてみました。

めんどくさいことは Perl に投げちゃお

細工と言っても単純で、エラーコード 404 だけでなく 403500 にも対応できるように、エラーページを Perl スクリプトにして動的に出力してやることにしました。

ステータスコードは検索ロボットたちに優しいんです

Perl スクリプトにすることでステータスコードをきちんと返すことができるようになる。きちんとステータスコードを出力することによって、エラーを、人にだけでなく Google や Yahoo などの検索ロボットにも伝えることができるので、結果的に検索から訪れる人に対してのエラーを減らすことができる。

真っすぐな視線には弱いんです

なお、当初の目的である、インデックスファイルがない時に error.cgi へ飛ばした場合ですが、error.cgi へ直接アクセスされることになります。なので、直接 error.cgi へアクセスがあった時はエラー 404 を返し、ファイルは存在しませんよと偽装することにしました。

error.cgi の大まかなサンプルコード
my $error_code = $ENV{REDIRECT_STATUS};

# エラー 500 (Internal server error) の場合
if ( $error_code eq "500" ){

# エラー 404 (File not found) の場合
} elsif ( $error_code eq "404" ){

# エラー 403 (Permission denied) の場合
} elsif ( $error_code eq "403" ){

# error.cgi への直接リンクの場合
} else {
    # 404 を偽装しステータスコードも 404 を返す
    print "Status: 404 Not Found\n";

}
.htaccess の中の関連する項目
#-----------------------------------------------
# インデックスファイル

DirectoryIndex index.cgi index.php index.xhtml index.shtml index.html /error/error.cgi

#--------------------------------------------------
# エラー400 (Bad Syntax) リクエストの方法が違います
# エラー401 (Authorization Required) 認証に失敗しました
# エラー403 (Permission denied) アクセス権限がありません
# エラー404 (File not found) 該当するページが見つかりません
# エラー500 (Internal server error) 内部サーバーエラー(主にCGIなどの誤り)

#ErrorDocument 400 /error/400.php
#ErrorDocument 401 /error/401.php
ErrorDocument 403 /error/error.cgi
ErrorDocument 404 /error/error.cgi
ErrorDocument 500 /error/error.cgi
error.cgi の実行結果例

エラーページ作成にあたって 68user’s page 内の error.cgi を参考にしました。

Home > べたろぐ。 > タグ > SEO

最近のコメント
Search
Feeds
Meta

Return to page top